がんは転移の多い病気│再発防止に検査と受診が欠かせない

体に優しいがん治療

聴診器

免疫療法を受ける際には、身近な食材で免疫力をよりアップさせるのが良いでしょう。食生活や生活習慣の乱れにより免疫が落ち、がんになるというパターンは多いのではないでしょうか。治療中の食生活を免疫力を上げる食材中心にすることで、より効果が期待できそうです。

もっと見る

特徴を知っておく

ドクター

城東区にはいろんな内科があるのですが、昔からある町医者と呼ばれるようなところなら、待たされることが少なかったり、腕の良い先生がいるなどが期待できます。総合病院なら何かあってもすぐに対処してもらえるなど、自分に合ったところに行くようにしましょう。

もっと見る

この地域にある医療機関

病院

平野区の病院は古い医院も数多く残っているので、検査に不満のある方は何ヶ所か病院を受診して検査をしましょう。平野区の医療機関は小規模な医院が多く、大病院に通うためにはきちんとした順序を守って治療を依頼する必要があります。

もっと見る

防止する方法

医師と患者

たとえ手術をして無事に治療が出来たように見えても、それで完全に治療が出来たわけではないのががんという病気の恐ろしい所です。がん細胞というのは眼には見えないものなので、体内に残ってしまっている可能性も十分にあるのです。転移などでがんがまた発生していることを告げられる時は初めて告げられた時以上にショックです。治療後が特に転移や再発を起こす可能性がとても高いのですが、その理由は免疫力の低下にあります。つまり、免疫力を高めるという事は再発、転移を防ぐためにはとても有効なのです。自分自身で免疫力を高めるには、退院後出来るだけ早く無理のない範囲で運動を再開するようにしましょう。体力がついてくるとそれに比例して免疫力も高くなります。

ほかの病気とがんが最も大きく異なる特徴として、初めに発生した患部から全く別の場所で新しくがんが発生することが挙げられます。この転移という現象がなぜ起こるのかというと、がんが成長してリンパや血液にまで到達すると、元の患部から分離したがん細胞が血液やリンパの流れに乗って全く別のところまで移動するためです。再発や転移はがん細胞がある程度成長しないと怒らないことが最近の研究によって分かっています。その為、ステージが上がる毎に転移や再発の危険性は高くなり、例えば大腸がんの場合はステージ3の場合は再発や転移を起こす可能性が30パーセントにもなっています。また、成長したがん細胞により引き起こされる再発や転移は初めから悪性の場合もあります。そのため早めに治療をする、また日頃から定期的に医療機関を受診したり、生活習慣の見直しを行なったりして健康維持に努めましょう。

Copyright © 2016 がんは転移の多い病気│再発防止に検査と受診が欠かせない All Rights Reserved.